渋峠ホテル

渋峠近辺の紹介及び施設のご案内

標高2152mの地点に立地する当館は、この写真でおわかり頂けます通り、建物の半分から「群馬県」と「長野県」の県境地点に建つ施設です。
ご宿泊はもちろん、その他お食事やカフェ等ドライブの休憩にも是非ご来館下さい。
当館では、春から秋にかけて高原の食事処カフェとして営業致しております。

また、日本一標高の高いガソリンスタンドとしてガソリンスタンドも春から秋にかけて営業しております。但し、恐れ入りますが給油のみとさせて頂いております。

日本一標高の高い国道として有名な絶景スカイライン国道292号で当館にて日本国道最高地点到達証明書(1枚100円税込)を発行しています。

是非日本一の証を絶景と旅の記念にお求めください。

スタッフ一同、心より皆様のお越しをお待ちしております

【 当ホテルの由来 】
当ホテルの創業は昭和26年になり、この渋峠は信州と上州を結ぶ重要な街道であり、街道のなかでも難所の場所でした。
当初は群馬県立の遭難、避難小屋として利用されており無人でありました。そこへ先代が番頭として住み、開業し改築、増築をしているうちに、国境の測量が始まり、正確な国境が決まった後、両県に建物がまたがっている事が判明しました。 今では訪れる方々は大変珍しくてとてもユニークなので感激してカメラに一枚写真を撮っていかれます。

周辺の地図


ホテルへのアクセス

ルート1 東京(練馬IC)→関越道(79㎞)→藤岡JCT→上信越道(120㎞)→更植JCT→上信越道(28㎞)→信州中野IC→志賀中野有料道路→R292(41㎞)→渋峠
ルート2 東京(高井戸IC)→中央道(182㎞)→岡谷JCT→長野道(76㎞)→更植JCT-上信越道(28㎞)→信州中野IC→志賀中野有料道路→R292(41㎞)→渋峠
ルート3 名古屋→東名(14㎞)→小牧JCT→中央道(162㎞)→岡谷JCT→長野道(76㎞)→更植JCT→上信越道(28㎞)→信州中野IC→志賀中野有料道路→R292(41㎞)→渋峠
ルート4 金沢IC→北陸道(175㎞)→上越JCT→上信越道(61㎞)→信州中野IC→志賀中野有料道路→R292(41㎞)→渋峠

※冬季の場合は、志賀高原横手山陽坂まで自動車乗り入れ可。この先陽坂より渋峠間は冬季間積雪のため通行止めです。路線バスも同様となります。

ルート1 東京―長野新幹線(約80分)-長野駅-長野電鉄(私鉄)-(特急湯田中行約40分)-湯田中―路線バス(白根火山行約60分)-渋峠
ルート2 名古屋ー中央本線(特急厄170分)-長野駅―長野電鉄-(特急湯田中行約40分)-湯田中―路線バス(白根火山行約60分)-渋峠

※冬季の場合、湯田中よりの路線バスは硯川・陽坂行で陽坂下車。渋峠まで送迎します。

ここは標高2000メートル以上志賀高原の渋峠です。この立地条件で高地トレーニング、高地合宿をするには最高の条件です。日本でこのような条件でトレーニングできるのはここ渋峠だけですので是非ご利用下さい。お問い合わせお待ちしております。